競艇植木が電撃引退

  • 2007.07.21 Saturday
  • 00:28

 競艇界の第1人者で、生涯獲得賞金が23億円に迫っている植木通彦(39=福岡)が19日、突然引退を表明した。植木は1986年(昭61)にデビュー。89年にはレース中の事故で全治5カ月、顔を75針縫う大けがをしたが、見事に復活。96年には公営競技では初の賞金2億円を突破するなど数々の記録を更新。「艇王」と呼ばれ競艇ファンの信頼も厚かった。きょう20日に東京都内のホテルで引退会見を行う。
 突然の植木引退のニュースが、19日艇界をかけ巡った。植木は前日の18日まで鳴門競艇場でレースに出場し、引退はごく一部の関係者しか知らされていなかった。「まだ十分に走れるはず」。G1レースの「開設54周年記念レース」が開催されている徳山競艇場でも、植木とともに、競艇のトップを争う選手の間に衝撃が走った。

 15日から18日までの4日間レースが、植木最後のレースとなった。一緒に出場していた植木の1番弟子桂林寛(36=福岡)でさえそのシリーズで初めて引退を聞かされたという。植木は「選手としては20年でひと区切り。今節でやめるよ」と語ったという。

 植木は86年にデビュー。その素質はデビュー当時から高く評価されていたが、全国にその名が知られるようになったのは、89年に桐生競艇場での大けがを克服し、トップレーサーへの階段を上るようになってからだ。96年には公営競技史上初となる獲得賞金2億円を突破。しかし、その道は決して平坦なものではなかった。

 復活、復活のレーサー人生だった。1度目の復活はレース中の事故で顔面を75針縫う大けがから復帰した89年。「けがを克服して、怖さを乗り越えるために」と、自ら志願してけがをした桐生競艇場(群馬県)での復帰を決めたことが、植木伝説の始まりになった。けがから復帰した3年目の92年、地元の福岡競艇場でG1を初制覇。翌93年に戸田競艇場の「第28回総理大臣杯」で、SGとしては初めてモンキーターンを駆使して初優勝を飾った。その後モンキーターンは、競艇の旋回技術を革新的に変え、植木は97年まで5年連続でSGを制覇、一気にトップの座にまで昇りつめた。

 20代は文句なしの成績を残しが、98年からはタイトルに手が届かず、30代の初めの頃には“植木限界説”が流れていた時もあった。01年に地元地区の唐津競艇場で4年ぶりのSGタイトル「第11回グランドチャンピオン決定戦」を手にし、2度目の復活を果たした。ヒーローインタビューでは「もうSGは勝てないかと思っていた」と大粒の涙を流した。

 3度目の復活は05年。03、04年は不振を極め、10年連続で出場を続けていた賞金王決定戦の出場を逃した。だが、05年に常滑の「第32回笹川賞」で2年半ぶり、通算10回目のSG優勝を決めて艇王復活をアピール。しかし、植木にとってこれが最後のSG優勝になった。

 今年3月の平和島SG「第42回総理大臣杯」の優勝戦では、1番人気に押されながらフライングを切り(スタート事故)、優勝戦の売り上げの9割以上となる17億4000万円を返還。ペナルティーとして、1年間のSG出場権利を失っていた。

 植木は日頃「トップを守れなくなった時が引退の時」と語っていた。最後の出走となった18日の鳴門10レース出場の直前までエンジンの整備を続け「オレも最後の最後まで仕事をするもんやな」と笑っていたというのが、いかにも植木らしい幕の引き方ともいえる。

 上滝和則(植木と並び九州の代表選手)全然知らなかった。引退は止めた方がいい。総理杯のFが原因なら1回の失敗は誰にでもある。今は何を言っていいかわからない。走ってもらいたいし、引きとめたい。

 田頭実(同じ福岡県で1期先輩)追いつけ追い越せと目標にしていた選手。辞め時を考えた結果なんでしょう。急なことだし、今はご苦労様とか言えない。

 松井繁(賞金ランキングも植木と競り合うライバル)ホンマか…(絶句)。上に立つ者としての重圧や苦労など、つらい気持ちはよく分かるけど…ただ、残念としか言いようがない。もう1度、SGの舞台で戦いたかった。一流のプロとして、植木さんも相当に悩んだことやと思う。選手にとって引退は誰でも通る道やけど、それにしても早過ぎるよ。

 今垣光太郎(05年のSG常滑笹川賞で植木の2着)寂し過ぎます。植木さんは、人間的に器の大きい人と思います。SGで厳しい結果が出ても、黙って受け止める姿勢は本当に尊敬していました。僕が尊敬の念を抱いていることを知ってか、レース場ではよく話しかけてくれました。『光太郎、負けても、負け惜しみの言葉は対戦相手に言ってはいかんぞ』という助言を、そして常に勝ちにこだわる姿勢を、肝に銘じて走っていきたいです。本当にお疲れ様でした。
【日刊スポーツ】

植木通彦選手電撃引退!!

  • 2007.07.20 Friday
  • 23:34

植木通彦選手の引退会見の結果について

  • 2007.07.20 Friday
  • 22:45

植木通彦選手(39歳、福岡、登録第3285号)が本日7月20日をもって現役選手生活を引退しました。
会見は、ホテルパシフィック東京 早蕨(さわらび)において13時10分より報道関係者60名にご出席いただき開催されました。
植木選手は1986年11月にデビューし、SG競走優勝10回、賞金王3回、年間最優秀選手3回などの輝かしい実績を残してきました。
89年には再起を危ぶまれるほどの大怪我から復活し、モンキーターンの先駆者として競艇界に革命を起こし、歴史に残る数々の名勝負を繰り広げ、お客さまを熱狂させてきました。
その圧倒的な存在感から「艇王」と呼ばれ競艇界の幾つもの記録を塗り替えてきました。
記者会見の中で「突然のことで誠に申し訳ございませんが、このたび選手生活20年という節目を機に現役引退を決意しました。自分の描いた当初からの考えでしたので何卒ご理解いただきたいと思います。これまで全力で走り続けることができたのもお客さまからの暖かいご声援のお陰と心から感謝申し上げます。また、マスコミの皆さまをはじめ関係の方々にも大変お世話になり、本当にありがとうございました。今後はしばらく充電期間をいただき少しでも業界に恩返しできるような仕事を考えたいと思います。」と語り、現役にピリオドを打つことを発表しました。【競艇オフィシャルWeb】


----------------------------------------------------
コメント
非常に残念。
長い間、艇界をリードしてきた1人だけに…
そしてまだ若い。
語るに語れないほどの功績を残したのは間違いない。
これも植木選手の生き方なのか?
業界に恩返しできるような仕事をしたいとの事なので、水の上から陸の上に変わるが、頑張って欲しい!
ありがとう!!

植木が引退発表 「艇王」の異名持つ

  • 2007.07.20 Friday
  • 22:38

競艇でSG(スペシャルグレード)優勝10回、このうち最高峰の賞金王決定戦を3回制すなどの実績を残した植木通彦(39)が20日、引退を発表した。「モンキーターン」と呼ばれる腰を浮かせた旋回法の先駆者で「艇王」の異名を持つ。生涯通算成績は優勝74回、獲得賞金額22億6184万2369円。【毎日新聞】

39歳“艇王”植木通彦が突然の引退

  • 2007.07.20 Friday
  • 22:36

 “艇王”植木が突然の引退-。競艇で“艇王”の名で親しまれた植木通彦(39)=福岡・59期=が19日、全国モーターボート競走会連合会を通じて引退を発表した。引退の理由などは20日、正式に会見を行う予定。SG優勝10回、生涯獲得賞金約22億円。業界の常識を数々覆してきた“艇王”が、競艇選手としては異例の早さ、39歳でヘルメットを脱ぐ。
 競艇界に衝撃が走った。一流選手、それも業界のトップに君臨する39歳。65歳の現役選手がいる競艇界では異例の早さともいえる引退発表だ。
 競艇を知らない人でも「植木通彦」という名前は聞いたことがあるはず。最高峰のレース・SGを10回制覇(歴代1位は野中和夫の17回。植木は彦坂郁雄と並ぶ2位タイ)、生涯獲得賞金は歴代3位の約22億円を獲得した(1位は今村豊、2位は松井繁)。18日まで鳴門競艇場で出走していたが突然の発表。だが、ここに至るまでの布石はあった。
 3月に平和島競艇場で行われた「総理大臣杯」の優勝戦で痛恨のフライング失格。この失格によって売り上げの84%に当たる約17億円が返還された。常に「業界を引っ張る人間として、競艇界を盛り上げていきたい」と願う植木にとって、この返還は精神的なダメージとなった。優勝以外で初めて見せる悔し涙でもあった。
 また、現在の規定ではSGの優勝戦でフライングを切ると、向こう1年間、最高峰レースのSGに出場できないルールになっている。1着賞金4000万円のレースに出場できないとなると、トップレーサーとしては当然モチベーションも下がる。
 ケガにも泣かされた。1988(昭和63)年1月、桐生競艇場で顔面をはじめ、75針を縫う大ケガで入院。ケガのたびに不死鳥のごとく復活したが、ここ最近は体中に爆弾を抱えた状態。シリーズの途中で欠場することも多かった。
 “モンキーターン”という独特な乗艇姿勢を完成させて、競艇界の常識を覆してきた。今日20日、永年功労者祝賀会が行われ、植木自身もデビュー20周年の節目を迎える。そのとき“艇王”は静かにヘルメットを脱ぐ。【デイリースポーツ】

パチンコ店激戦区、“娯楽”へ回帰 貸し玉1円店も出現

  • 2007.07.17 Tuesday
  • 22:44

【長野県】パチンコホール激戦区の上伊那地域で貸し玉料を従来の1個4円から引き下げる店が出てきた。ギャンブル性が高じ客離れを招いた反省から、遊技そのものを楽しむ娯楽への回帰が進んでいる。業界全体も「手軽に安く遊べる店舗づくり」を目指す流れにあり、30兆円産業は大きな転機を迎えている。

 パチンコホールやゴルフ練習場を経営する赤玉(伊那市)は先月、玉を1個1円で貸し出す県内初の「1円パチンコ」を2店舗で導入した。貸し玉料が1978年に「1個4円以内」と決まって以来、上限の4円に長く据え置かれてきたが、その“慣例”を破った。

 「少ないお金で長くプレーし、遊技そのものを楽しんでもらうのが狙いです」と冨田伸専務(45)は話す。玉が多ければ当たりが出る確率も増えるため、同じお金で従来の4倍以上は長く遊べる計算になる。

 上伊那では既に「軽パチ」「半パチ」といった名称で、貸し玉料を1個2円に引き下げたホールもある。だが、1円パチンコはライバル店への対抗よりも、むしろ行き過ぎたギャンブル性を是正する意味合いが濃い。

 冨田専務は「本来、パチンコは時間消費型の娯楽。なのに今は射幸性が強く、瞬く間にお金が減る。これでは客離れが進むばかり」と嘆く。

 レジャー白書によるとホール業界全体の売上高は95年の30兆9020億円をピークに30兆円弱で推移。一方、参加人口は94年の2930万人をピークに1千万人以上も減った。参加人口が減っているのに売上高がさほど落ちないのは、客1人が費やすお金がそれだけ増えた証拠である。

 こうした状況から、パチンコホール全国組織の全日本遊技事業協同組合連合会(東京)は今年2月、行き過ぎた射幸性を抑え、客が手軽に安く遊べる環境への業態転換を目指す宣言をした。

 2004年7月の風営法改正で射幸性の強いパチスロ機の撤去も強いられ、ギャンブルイメージの一掃が業界内外から求められている。果たして1円パチンコは今後の主流になるのか?

 専門誌「パチンコ必勝ガイド」の編集部は「1円パチンコはここ1年で登場してきたが、業界全体で見ればまだ少数。このまま急増するとは考えにくい」と話す。

 貸し玉料を下げればホールの売り上げも当然減る。赤玉の2店舗では、1円と4円の台を半々程度の割合で置いているが「1円台をこれ以上増やすのは経営的に難しい」と冨田専務は話す。

 同編集部は「ホールを維持するには、客層のすみ分けが今後は欠かせない」と分析。娯楽性を追求しながら、従来の固定客と安い料金客をどうバランスよく取り込むかが重要になっている。【中日新聞】


----------------------------------------------------
コメント
負ける時が多いパチンコで貸し玉が4円から1円に下がれば単純に負けが4分の1になるが、勝った時の金額も下がるわけで・・・
ギャンブル性を抑えた経営は店もそうだが客にも厳しいのでは?
ゲーセン感覚ならOKだね。

競艇場不振 底打つ!? 

  • 2007.06.29 Friday
  • 14:29

 ◆競艇場不振 底打つ!? 九州・山口 場外や電話投票拡大で利用者増

減少の一途だった九州内の競艇場の売上高が下げ止まりつつある。背景には電話・インターネットを使った場外投票の普及と、ナイターレースの開始など営業強化や景気回復の影響がある。一方、利用者の高齢化は進み、関連団体の赤字も恒常化しており、開催主体である地方自治体の“財布”を支えてきた公営競技の行方は不透明だ。

 九州運輸局が管轄する下関、若松、芦屋、福岡、唐津、大村各競艇場分をまとめると、2006年度の売上高は1964億円とピークの1991年度比で43、6%も減少。ただ、ここ5年ほどは2000億円前後が続いている。

 一方、場外販売を含めた利用者数は、電話投票の普及や場外販売場を増やしたことなどで1848万人と過去最高。1人当たりの購買額の大幅な減少を利用者増が支えている構図だ。

 以前は「不況ほど逆に売り上げが伸びる」とされた公営競技は、バブル経済崩壊後の不況期には振るわなかった。現在は景気が良いほど伸びるとの逆の見方があり、関係者の多くは「現在が売上高減少の底」と期待を寄せている。

 ただ、50代以上の利用者が全体の約7割と高齢化が進んでいる。また、各競艇場で選手管理やレース判定業務などを担う各県の「モーターボート競走会」も一部を除き赤字に陥っており、経費削減を目的に来年4月をめどに全国組織に一本化する計画もある。

 かつては競艇場が自治体の財政を支えた。例えば福岡競艇場の主催者である福岡市は、「もうけ」から1年で最大130億円(90年度)を一般会計に繰り出し金として拠出していたこともあったが、06年度は6億円と激減。同市は「今後は10億円の繰り出しを目指し、売上高を確保していきたい」(経済振興局)としている。【西日本新聞】


----------------------------------------------------
コメント
 「現在が売上高減少の底」と期待しているようですが50代以上の利用者が全体の約7割と高齢化が進んでいると言うとおり若い人が興味をもっていないのが実情だと思います。
今は昔と違い遊ぶものが色々溢れています。
その中で売り上げを伸ばすにはいかに競艇場で迫力ある生のレースを見て貰うかが重要だと思います。
ネットでレースを見れ、舟券も購入出来るようになり便利になったが、ゲームをやっているようでいまいち現実味に欠け面白くもないと感じます。
やっぱり競艇場で見るのが一番だと思います。
今は競艇場も凄く綺麗になってしまい、イスの上に立って叫んだり野次を飛ばしている人などいなくなってしまいましたが昔のように如何にもギャンブルしてるって感じの雰囲気のがよかったなぁ〜って思うのは私だけでしょうか?

NHK職員の平均年収1163万円

  • 2007.06.19 Tuesday
  • 14:04

 ◆職員の平均年収1163万円
「極めて異常。原因を見極めてほしい」――。12日、NHK経営委員会は橋本元一会長にこう要求を突きつけた。
 セクハラや痴漢といったNHK職員のハレンチ事件は今年だけで6件。今月は「42歳ディレクターが電車内で女性にほおずり」「30歳ディレクターが17歳女子高生に痴漢」「34歳チーフプロデューサーが16歳少女とエンコー」と立て続けだ。
 この異常事態に、NHKは全職員1万1000人に緊急聞き取り調査を行い、「酒には注意するように」と通達を出したという。しかし、歯止めがかかるかは大いに疑問だ。
 NHKは「コンプライアンスが十分に浸透していないといわれてもやむを得ず、反省しております」(経営広報部)と説明するのだが……。
 そんな中で、不祥事が続く最大の理由として、NHKの処分の甘さを指摘する声がある。
 例えば、先月、酔って女性に抱きつき、胸や下腹部を触って現行犯逮捕されたアナウンサーの高橋徹(41)だ。NHKは彼に対して、停職3カ月の懲戒処分を下した。だが、停職中も給与は60%保障し、期間中の行動を縛る明確な規定も設けていないという。
「フツーの企業は、停職期間中は給料を払いません。給与を保障しているだけで、NHKの甘さが分かります。しかも、NHK職員の平均年収は1163万円に上ります。高橋アナは現在、単純計算で、働かずに月額60万円近くの給料をもらっていることになります」(マスコミ関係者)
 不祥事を起こしてもこんなベラボーな給料をもらえるとは……。


----------------------------------------------------
コメント
 しかし、NHKは国民から半ば強制的に受信料を徴収しておきながら身内には甘い体質を行っているとは…。
 受信料をいかに強制的に徴収するかを考える前に、NHK自体にやることが山積しているのではないか。だから、受信料を払いたくなくなるのです!
 悪い事をした場合、普通の企業より厳しい処分を科さなければ国民は納得しません。こんな事ではNHKはいづれ衰退していくでしょう。

「パチンコで借金かさみ気力ない」元十両の高見藤が引退届

  • 2007.06.18 Monday
  • 23:16

 大相撲の元十両で東幕下2枚目の高見藤(27)(本名横山英希、東関部屋)が18日、日本相撲協会に引退届を出した。

 師匠の東関親方(元関脇高見山)によると、パチンコなどで借金がかさみ、相撲を取る気力がなくなったという。

 高見藤は東洋大時代に学生横綱となり、岡山県和気町役場を経て入門。今年春場所、新十両に昇進した。夏場所は幕下だったが、25日発表の名古屋場所番付で十両に再昇進することが決まっていた。

 関取級の力士がこうした理由で引退するのは珍しく、東関親方は「何回も注意したが直らなかった。若い者にも示しがつかない」と話した。【読売新聞】


----------------------------------------------------
コメント
しかし、パチンコの借金で相撲を取る気力がなくなったっていうのは如何な物か。
いったいどうやって借金を返済していくのか?
折角実力があったのに勿体ないですねぇ〜。
普通なら借金返済の為に相撲を頑張るって考える思うけどね。
私もギャンブルで熱くなりやすいですが、借金してまでは打たないようにギャンブルする時はカードは持ち歩かないようにしています。
皆さんも借金漬けにならないよう注意しましょうね。

下関競艇の総収入43.2%減

  • 2007.06.14 Thursday
  • 23:08

 下関市が運営する下関競艇の2006年度収支は1億5600万円の支出超で、4年連続の赤字となった。大型レースの減少で事業収入が大幅に減るなど、総収入は前年度比43.2%減の251億7600万円に落ち込んだ。12日に開かれた市議会経済委員会で市が報告した。レースの事業収入は同54.7%減の149億9200万円。場外舟券発売場「ボートピア高城」での発売休止も響いた。受託事業収入は7.9%減の99億5700万円だった。【中国新聞】


----------------------------------------------------
コメント
競艇も年々売り上げが低迷してますねぇ〜。
一般レースは選手のレベルも低くターンに迫力もないのでつまらない。
SGやG1は毎回顔ぶれが同じで飽きてしまう。
選手になってしまえば弱い選手でも2千万近い収入が得られるため、弱い選手は事故やフライングに気をつけるだけ、結果スタートが遅い。
プロの世界なのだからもっと弱い選手のクビを斬るべきだ!
今の競艇の売り上げを考えれば、賞金を全て半額にするくらいで妥当なのではと思う。
選手にもっと競艇業界の危機感を植え付けていくべきだ。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

スーパー戦隊主題歌大全 VOL.1
スーパー戦隊主題歌大全 VOL.1 (JUGEMレビュー »)

子供が大好きで毎日見てます!

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM